絵本の読み聞かせ楽しみました

長女が生まれてわからないことだらけでした。

赤ちゃんのころでも絵本の読み聞かせがいいと聞いてなるべく時間に余裕があるときにしてみることにしました。図書館を利用して最初は絵がほとんどで言葉が少しのものを選んで借りてきました。

結構おとなしくじっと見てくれ、指をさしたり笑ったり喜んでくれました。

いないいないばあ、がたんごとんがたんごとんなどとても好きでした。

同じ絵本を何回も読んで覚えてしまうほどでした。同じ絵本あきないのが不思議でした。

1歳くらいになるとだるまさんシリーズやのんたんシリーズ、ねないこだれだなど好きでした。

わたしの好みもあるのですがなるべくなんでも選んで読むようにしていました。

図書館に新しく入ってきたものやおすすめの絵本も選んでみるようにしていました。

2歳のころには毎週土曜日に図書館に通うようになりました。ちょうど午前中に読み聞かせのグループの方が絵本を読み聞かせてくれるようになったのです。

子どもはお母さんではない人が読み聞かせてくれるので新鮮のようで気に入っていました。

読んでもらった絵本を借りたり、自分で選んだり図書館も好きになりました。

ひらがなは教えなくても早く読めるようになり、書くのも勝手に覚えていました。

時間をみつけて読んでいたかいがありました。わたし自身も読み聞かせを楽しんでいました。

落ち着いて過ごせているように思います。無理のない程度で絵本の読み聞かせおすすめです。