睡眠の大切さを教えてあげましょう

睡眠が大事と言う部分をしっかりと子供に教えてあげるようにしましょう。睡眠を取らないとどうなってしまうのかと言いますと、体調不良がおきてしまったり、睡眠不足で疲れやすくなってしまうなどの現象が起きてしまいます。赤ちゃんの時は自分の好きな時間に寝る事ができるので、睡眠不足なってしまう事はありませんが、小学校の高学年や中学生になってくると夜更かしをする楽しさを覚えてしまいます。また小学生の高学年の時期からいきなり体調を崩してしまうようになったと言う子もいます。今まで風邪とは無縁だった子供が急に風邪を引いてしまう事になるので、小さい頃から睡眠の大切さを教えてあげるようにしましょう。親が教えてあげる事ができる部分や注意をしてあげる部分には限界がありますが、なるべく口うるさく言うようにしましょう。また朝起きて眠そうにしている子供に早く寝れば朝は辛くないと言ってあげる事によって、早く寝る習慣が付くようになります。