新築と中古は売主が違うので気を付けよう

中古住宅を購入したいと考える人たちの多くが誤解しているのが、中古住宅の売主が誰であるかということです。

たとえば新築の場合は、不動産屋やハウスメーカーが多いですが、中古の売主は元の所有者である個人ということになります。

つまり中古の場合、不動産屋の役割は仲介者に過ぎません。つまり不動産屋に物件に関する責任はありません。

新築の場合は、相手がハウスメーカーや工務店などになるので、ある程度は信頼できます。万が一の時は会社を相手に訴えれば済みますから。

ですが中古住宅を購入する時は、この理屈が通じないことを理解しておきましょう。中古住宅におけるトラブルの多くは「瑕疵責任」を問うものとなっています。

原因は、買う側が気づかなかったというのが大半です。ですが、個人相手に訴訟を起こしても上手く行かない場合がほとんど。解決まで多くの時間を取られることを考えるとわりにあいません。

このようなトラブルを避けるためにも、ちょっとした下見だけで判断することはやめましょう。

何千万円もの住宅を買おうというのに、意外と無造作に決めてしまう人は実に多いです。だからこそ悪徳不動産業者が蔓延るのかも知れません。