子供服選びの優先順位は

子供服選びには優先順位があります。一番は機能性です。脱いだり着たりが容易にできるものなおかつ、運動が妨げられないことです。3歳くらいまでは親が着替えさせますので、世話のしやすい服を選びます。4歳くらいになれば、自分で着替えられるような服を選びます。

 

小さなボタンや後ろ開きの服は難しいので、避けます。なおかつ、子供の動きを妨げないことが重要です。トイレが完全に自立できるまでは、女の子もズボンの方が良いでしょう。また、走ったり、すべり台などの遊びに支障がないものを選びます。大きすぎる襟や長すぎるスカートやズボン、ひも飾りは遊びに向きません。

 
次は経済性です。子供は服を汚します。わざと汚すのは叱りますが、「服を汚さないように遊びなさい」とは言いません。服が汚れるのを気にすると、思いっきり遊べないからです。安くても丈夫な服は探せば見つかります。汚しても怒らないでいられる金額の服を選びます。

 

次に、子供らしい服を選びます。大人っぽい服は大人になったら、いくらでも着られます。子供らしい服は子供の時しか着られません。子供らしい柄で、色のきれいな服は元気よく見えます。

 

よくわからない英文が書いてある服も避けたほうが良いでしょう。無用のトラブルを防ぐことが出来ます。